未分類

【失敗しないために】ルテインサプリの正しい選び方

ルテインサプリメントといってもたくさん種類があって、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

ルテインサプリメントの中にはルテインとパッケージに書いているものの配合量がちょっとしかないものがあったりするのは知っていますか?

 

変なルテインサプリメントを選んで失敗しないために、13種類以上の目に良いサプリを試した私が正しい選び方を紹介します!

 

▼ 選んで正解だったルテインサプリ!

ここにテキストを入力

 

ルテインサプリメントの正しい選び方

ルテインサプリの選び方3点
  1. ルテインの配合量は最低でも6mg以上を選ぶ!
  2. 有名メーカーや人気の高いサプリを選ぶ!
  3. 錠剤タイプではなく、ソフトカプセルタイプを選ぶ!

ルテインの配合量は最低でも6mg以上を選ぶ!

ルテインの1日あたりの摂取目安量は6mg~20mgです。

なので、最低でも6mgは含まれているルテインサプリを選ぶのがいいんです。

20mg以上ルテインが配合されているサプリメントがありますが

食品添加物専門家会議の発表では、「体重×2mgまで摂取しても問題ない」とされているので、少々20mgを越える程度なら心配する必要はありません。

 

ルテインサプリを称してるわりに、1mgしか入っていないものもあるので
ルテインの含有量は必ずチェックしましょう。

有名メーカーや人気の高いサプリを選ぶ!

特に通販サイトに多いのですが、名前を聞いたこともないメーカーがサプリメントを販売していることが多々あります。

怪しいサプリメントは強い効果を期待させる過剰な表現をしてるケースもあり、良い効果が得られると思い込んでしまう危険性があります。

大抵聞いたこともないサプリメント会社は、ずさんな環境で製造して成分も適当にごまかしています。

 

そういった危険なハズレ商品を選ばないために、多くの人が知っているメーカーのサプリや

通販サイトや口コミサイトで人気が高い商品から選ぶようにしましょう。

錠剤タイプではなく、ソフトカプセルタイプを選ぶ!

ルテインサプリの粒の形状はいろいろです。大体は錠剤タイプかソフトカプセルになっています。

 

少し好みの問題でもありますが、ソフトカプセルのほうがほとんどの人は飲みやすいはずです。

錠剤は角ばっていて喉に引っかかる感じがしたり、飲み込みにくいことがありますが

ソフトカプセルなら形がツルっとしているのですんなりと飲み込むことができます。

 

ルテインサプリは毎日飲み続けることが大切ですから、飲むこと自体がストレスにならないように飲みやすいソフトカプセルを選びましょう。

ルテインサプリの選び方3点
  1. ルテインの配合量は最低でも6mg以上を選ぶ!
  2. 有名メーカーや人気の高いサプリを選ぶ!
  3. 錠剤タイプではなく、ソフトカプセルタイプを選ぶ!

13種類以上試した中でオススメのルテインサプリはこれ!

画像

試したサプリ一覧
  1. リフレ ブルーベリー&ルテイン
  2. やわた メラックスアイ
  3. ケフラン デスクラーク
  4. マイケア 一望百景
  5. ビューケン ルテインのちから
  6. ファンケル えんきん
  7. ファンキル スマホえんきん
  8. みやび ビルベリープレミアムα
  9. わかさ生活 ブルーベリーアイ
  10. DHC ブルーベリーエキス
  11. ネイチャーメイド ルテイン
  12. ディアナチュラ ブルーベリーwithルテイン
  13. ORBIS ブルーベリー

※順番に意味はありません。

上記13種類の中から、実際に使ってオススメできると思ったサプリを紹介します。

総合的におすすめ!やわた「メラックスeye

 

チェックポイント
  1. 価格:2160円(定期コース1944円)
  2. 販売メーカー:八幡物産株式会社
  3. ルテイン配合量:25mg

ルテイン配合量、メーカー、価格。どこを取っても大きな欠点がないので、ルテインサプリ選びに迷ったらとりあえず選んでおきたいのが「メラックスアイ」です。

ルテインの配合量はなんと25mgと当サイトで試したサプリ中で一番多い量が含まれています。

販売メーカーはテレビなどでも馴染みのあるニンニク卵黄などを作っている「八幡物産株式会社」なので、安心度もかなり高くなっています。

 

ルテイン高配合&有名メーカーにも関わらず価格は2000円ほど。

ルテインサプリの中では割と高い価格帯ではありますが、ほとんどの商品が1500円前後なのでそれほど高くはありません。

公式ページ

スマホやPC使用が多いなら!ケフラン「デスクラーク

 

チェックポイント
  1. 価格:2700円(定期コース1890円)
  2. 販売メーカー:ケフラン
  3. ルテイン配合量:20mg

スマホやPCを使用する頻度が高く、ブルーライトが気になっている方にオススメです。

 

ルテインの配合量が20mgと1日目安量ピッタリなので問題なしです。

販売メーカーに関しては主にケフィア系商品やその他健康食品を販売している会社で、1977年から存続していて販売実績も充分です。

 

単品購入の価格が高いことが欠点ですが、定期コースで注文すると他のサプリに劣らない価格で購入することができます。

定期コースは初回のみ980円で購入することができます。(2回目から1890円)

公式ページ

価格を抑えつつルテイン多め!マイケア「一望百景

 

チェックポイント
  1. 価格:1944円(定期コース1620円、)
  2. 販売メーカー:マイケア
  3. ルテイン配合量:20mg

上記の「メラックスアイ」と「デスクラーク」とは少し様相が違う「一望百景」です。

ルテイン系商品のほとんどは、マリーゴールド抽出液を利用しますが
一望百景は沖縄で取れる紅イモやその葉などを利用しています。

ルテインの配合量は20mgとしっかり配合されています。

 

販売メーカーのマイケアはDHAサプリの「さかな暮らし」や「ふるさと青汁」など人気の高い健康食品を販売しているメーカーです。

実績も豊富なので安心できます。

 

価格に関しては定期コースにすると「メラックスアイ」と「デスクラーク」よりも安く購入することが可能です。

当サイトが試した13種類の内、ルテイン20mg以上配合で最も安いのは「一望百景」でした。

公式ページ