未分類

ルテインサプリで副作用は起こる?事前に知っておくべき大切なこと!

普段生活しているなかで、意識的に摂取するわけではないルテイン。

  • ルテイン自体に副作用があるのか?
  • 摂りすぎるとどうなるのか?

こういうことちょっと気になりますよね。

 

結論から言うと、天然のルテインなら副作用はありません。

そして、サプリで異常な量を取らない限りは過剰摂取になる心配もありません。

 

ですが、天然のルテインをしっかりと摂取するためには緑黄色野菜を毎日欠かさずたくさん食べる必要があります。

野菜が苦手だったり、あまり野菜を食べる機会が少ないのであれば

天然ルテインが配合されたサプリで補うのが最も手軽で確実です。

ボタン

ルテインを摂取して副作用が起こるケース

”天然”のルテインには副作用が無いですが、”合成”されたルテインの場合摂取している環境によっては発ガンのリスクを抱える可能性があります。

 

合成されたルテインとは「ルテインエステル」のことを指しています。

脂肪酸とルテインが引っ付いた状態の人工的に作られたルテインです。

石油が原料となっているので、危ないことは感覚的にわかりますね。

 

サプリメントなどにルテインを添加する際に、合成ルテインを精製して脂肪酸とルテインを引き離した状態で使われているなら天然ルテインと同じです。

これを「フリー体ルテイン」と言います。

 

  • 天然ルテイン=フリー体ルテイン
  • 合成ルテイン=ルテインエステル

 

合成ルテインを精製せずに使用すれば、製作コストの削減になるので

質の悪いルテインサプリには合成ルテインが使われています。

 

合成ルテインが使われているものは副作用の危険性があると考えるとよいでしょう。

ですので、ルテインサプリを選ぶときは必ず「フリー体」と書かれたルテインが含まれていることを確認しましょう。

フリー体ルテインが含まれているサプリ

合成ルテイン(ルテインエステル)で起こる副作用について

合成ルテインを摂取していて起こる副作用には

  • 胸やけ
  • 嘔吐

といった軽微な症状があります。

 

ですが、飲酒・喫煙をしながら合成ルテインを摂取すると発がんのリスクが高まると言われています。

 

特に喫煙はすでに煙で目に悪い影響を与えていて、加齢黄斑変性という失明の恐れがある症状になるリスクが非喫煙者の3倍も高いとされています。

そこにプラスして合成ルテインの発ガンリスクが加わることになってしまうので、必ず天然のルテイン(フリー体ルテイン)を選ぶようにしましょう。

天然ルテインが入ったサプリ

フリー体ルテインの過剰摂取で副作用は起こるのか?

ここまでは合成ルテインの副作用や危険性に関する話がほとんどでしたが

フリー体ルテインを過剰に摂取すると副作用は起こるのかという話になります。

 

内閣府・食品安全委員会の情報によると

(1)90日間ラット試験におけるNOAELの200mg/kg体重/日(試験された最高用量)、(2) 発生毒性が1,000mg/kg体重/日の用量(試験された最高用量)で認められなかったこと

引用:http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu03180310149

このような情報があります。

 

引用文中のNOAELとは害が無いと認められている量のことを指しています。

つまり、これまで200mg/kg/量で大丈夫だったものを、実験で1000mg/kg/量に増やしても副作用は無かったということになります。

 

なので天然ルテインは過剰に摂取してしまっても重大な副作用は起きないと言えます。

ただ、一応6mg~20mgと範囲が設定されているので、あくまで設定されている範囲付近での摂取に留めておく方が無難ですね。

 

ルテインサプリは大抵1日のルテイン摂取目安量付近に収まるようになっています。

1日に何粒も飲んだりしない限りは摂りすぎになることはないです。

 

万が一その日に飲んだかどうか忘れてしまって、いつもより多く飲んでしまっていたとしても天然ルテインなら副作用の心配をする必要はありません。

こういった意味でも合成ルテインは避けて天然ルテインのサプリを選ぶようにしましょう。

おすすめの天然ルテインサプリ